50歳を過ぎたら高血糖に要注意

全身の血管を蝕む高血糖が危ない!

50代以上の3人に1人が糖尿病のリスクを抱えている!

血糖値とは、血液中に溶け込んだブドウ糖の濃度のことで、糖尿病は、血糖値が高い状態が慢性的に続く病気です。

厚生労働省の調査では、国内の糖尿病人口は約950万人にのぼり、前回調査時から約60万人も増えていることが明らかになりました。

さらに、50代以上の3人に1人が「予備軍」の高血糖といわれています。

糖尿病はもはや国民病と言っていいのかもしれません。

高血糖を放置すると、重篤な病気を併発する可能性が!

高血糖が怖いのは、自覚がないまま症状が進み、気づいたときには命に関わる危険な状態に陥っているケースも少なくないからです。

高血糖にんると、血液中に過剰に増えた糖が活性酸素の発生を促し、血管の内側を傷つけ、動脈硬化を招きます。

こうして全身の血管が蝕まれていくことで、さまざまな組織に障害が現れるのです。

食生活では食物繊維が強い味方に!

高血糖を放置して、糖尿病を発症してしまうと、それから一生、病気と付き合っていかなければなりません。

そうなる前に、食生活や生活習慣を見直し、血糖値に留意して過ごせば、健康的で疲れにくい体になるばかりか、老化防止や肥満解消にもつながります。

食生活では、早食い・食べすぎは禁物です。

動物性脂肪を控えるとともに、糖の吸収を抑える食物繊維を積極的に摂取することをおすすめします。

野菜不足の解消と血糖値対策を同時に!

%e5%a4%a7%e6%ad%a3%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%bb%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89%e9%9d%92%e6%b1%81

普段の生活で野菜不足の解消に青汁を飲んでいる方は、大正製薬の大麦若葉青汁に切り替えることで、血糖値対策も同時に行うことができます。

大正製薬・大麦若葉青汁には、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる食物繊維「難消化性デキストリン」が配合されています。

臨床試験によっても糖の吸収を穏やかにする有用性が証明されており、特定保健用食品にも指定された青汁です。

いつでも休止できる定期コースなら、初回分を1,000円で購入できます(税込1,080円・送料無料)。

>>> 大正製薬・大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)の詳細はこちら